失敗しない開業投資 ~事業計画について~ Dr.開業コンシェルジュ

今回のテーマは「事業計画について」です。

Dr.開業コンシェルジュ「事業計画について」

借入時の事業計画書は誰に作成していただきましたか?

税理士さんが作成しました。

その計画書は、借入用のヴァージョンで、それは素晴らしい内容ですよね

実は借入用とは聞いてなくて、事業計画書として渡されたので、この通りいくかなと思いましたけど、全くその通りいかなかったです。

そうですね、借入時の事業計画書ですから、銀行に融資してもらう為に こんなに素晴らしい事業計画があるので融資して下さい。
という計画書でないと、銀行側も融資しづらくなります。

銀行に融資してもらう為だけの計画書だったんですね

そうですね、先生は開業されて、そんな凄い事業計画書があると怖いじゃないですか? あれ?って

そうですね、僕はあまり見てなかったので・・・
最初にだけでしたね、見ていたのは

ちらっと見て、あれ? まぁこんなもんかなぁという感じですか

そうです、そんな感じでした。

そうですね、借入用の事業計画を一生懸命見てこの通り
始めました10人、20人、30人と患者さんも増えて・・・

そうですね、当院は実は事業計画よりも上手くいったので
実際には計画書の方が低かったので見ていませんでした。

そういうケースは、今時なかなか珍しいのではないかと

はい、そういうふうに聞いてます。

実際には10人20人30人20人・・・ 15人になった日には、もう・・・引き返せないって感じですよね

計画書では順調に増えていくように書かれていますけども
実際には増えなくなってきますね

そうですね、どこかで限界がきますし、先生のところの様に順調にドンドン増えても、どこで止まるかというのも・・・

そうです、順調に増えていても、計画書は書面だけのもので、実際に増えていっても、患者さんを診る時間が無くなりますので、思ったほど上がっていかないですね。

そうですね、そうなると点数も薄くなっていきますし・・・
でも、来ないで点数が上がらないよりも良いですよね

まぁ確かにそうですね。

先生は楽にされていると思いますが

そうかもしれないですね

宝の地図(借入時の計画書)だけを持って航海をしていたら
先生は今頃どうする?という状態になっているかも・・・

そうですね、本当にそう思います。

そうですね、その時にバラ色の借入ヴァージョンの計画書と
最悪を想定した堅いラインの計画書も見ていれば・・・

そうですね、本当は開業前からきちんと、
現実の計画は知りたかったですね。

それがあれば、何かあった時にも、次の手は考えてます。
と言えるので、ドキドキしなくて済むとは思います。

開業というのはドクターにとっても、一世一代の勝負ですので
いらない所でハラハラせずに、順調に事業計画を上回る

先生の所のような絵になると、いいと思います


開業前の税務相談は、医療特化の中村会計事務所 中村が承ります。

DR.開業コンシェルジュ

お問合せは、下記のフォームからお気軽にどうぞ。

 

シェアする

フォローする