失敗しない開業投資 ~お借入れの際の担保・保証人について~ Dr.開業コンシェルジュ

今回のテーマは「お借入れの際の担保・保証人について」です。

Dr.開業コンシェルジュ「借り入れの際の担保・保証人について」

借入の際に皆さん結構気になるのが、担保や保証人が必要かという事だと思います。

確かに借りる時に保証人が必要かという事が凄く気になりました。

親や兄弟に保証人になってもらうのもなかなか難しく、友人についてはちょっと無理かな?と思います。これから開業する先生で、住宅以外の担保をお持ちの方も少ないと思います。

私は親に頼める状態では無く、保証人がいないと借りられなければ、開業をやめようとも考えました。

今は時期が大変良く、メガバンクには医療特化の商品があり、5千万円くらいなら無担保・無保証人で借りるシステムがあり国金で2千万円まで無担保・無保証人で開業資金を借入ができ、これで合わせて7千万円が借りる事ができます。
あとリースと、自己資金がいくらかあれば、足りない事は無いでしょう。
地方銀行関係も結構借りてほしいので、競争させれば。
専業主婦の奥様の保証人のサインだけで借りれるケースもあります。
基本は、どなたかに保証人をお願いして開業という事は思わなくていいと思います。

昔は保証人がいないと貸してくれないというイメージでしたが、最近は結構、変わってきてるんですね。

銀行は事業計画を見て、事業投資するのが仕事というのが本来のスタンス
他の人に保証してくださいというのは、どうかと思いますね
ですので、行けると思ったら、奥様にだけサインをお願いして
スタートされてはいかがでしょう。


開業前の税務相談は、医療特化の中村会計事務所 中村が承ります。

DR.開業コンシェルジュ

お問合せは、下記のフォームからお気軽にどうぞ。

 

シェアする

フォローする